ラジオ波を活用したエステと周波数

日本では、エステサロンへ行って美しさを磨いている女性が少なくありません。
エステサロンの施術メニューは、新しい美容機器が登場する度に変化します。
ここ数年、注目を浴びているのが、ラジオ波です。
ラジオ波は、高周波RFとも呼ばれており、最近では自宅で使うことができる美容家電にもラジオ波の機能が搭載されるようになっています。
ラジオ波は、周波数が高い電流で、照射すると、その部分の分子が振動します。
振動した分子が擦れ合うと、熱が発生するのです。
その熱は、肌のコラーゲンや脂肪に働きかけ、様々な効果を発揮するのです。
人間の体温は、運動をすると上昇しますが、ラジオ波は皮膚の奥に働きかけて熱を発生させることができるのです。
体の表面的な部分だけでなく、奥深いところに作用して熱を生み出し、体温を上げることができます。
このシステムを活かしているのが、高周波RFなのです。
高周波RFは、血液の流れをスムーズにして、リンパの流れも改善していきます。
すると、血行が良くなり、肌の新陳代謝も高まります。
リンパの流れが改善し、余分な水分が排出されることで、むくみが解消され、外見がすっきりみえます。
高周波RFは、真皮に働きかけて、コラーゲン繊維の生成を促進させます。
すると、肌の弾力が増し、たるみやシワの減少も期待できるわけです。
最近は、キャビテーションなど他の痩身方法と組み合わせて、家庭用家電にも取り入れられており、多くの女性が活用しています。
参考

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.