乾燥肌化粧水は何歳から使用するのがよいか?

美肌に欠かせない潤い、若いころは自らの力で潤いに満ちたプルプルのお肌を保っていますが、年齢とともに自身の肌力は衰え潤いに満ちた肌とは程遠い状態となってしまいます。そうなる前に乾燥肌化粧水で不足している水分をしっかりと補給するしかありません。
不足している水分を補給するための乾燥肌化粧水ですが、一体何歳からの使用が望ましいのでしょうか。肌にとって潤いは絶対に必要なので、化粧水の後に乳液でふたをするというケアは何歳から行ってもいいですが、この場合の乾燥肌化粧水とは高機能の乾燥肌化粧水のことです。そうなると20歳を過ぎてからがいいでしょう。
肌の水分を保つために必要なヒアルロン酸ですが、20歳をピークと考えると30代ではその7割に50代になると4割にと減っていきます。それならまだ20代のうちはケアしなくていいと安易に考えがちですが、それが甘いのです。若いうちから保湿中心のケアをすることで、10年後20年後の肌に歴然とした差が出てくるのです。いつから始めようかと思ったら、その時が始め時なのかもしれません。
ただ、まだ若い20代のころに50代向けの乾燥肌化粧水を使ってはいけません。20代向けよりも50代向けの方が高機能な成分がたくさん含まれていますが、20代の肌で50代向けのものを使うといらない成分まで肌に付けることになり、もったいないです。さらに成分過多で肌が逆にストレスを感じて吹き出物などができる可能性があります。乾燥肌化粧水ランキングを参考に自分の年代にあった基礎化粧品を正しく使うのは鉄則です。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.